Recently
Archive
Category
Link
Profile


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--) - スポンサー広告


ひとかけらの景色から、曲面ガラスのアーチまで 1

地面に沢山建物がうめつくされていて、すこしづつ間がみえるというイメージ。


最初のイメージが強烈すぎたんだよ。
ほら、臆病になっていないで、その植物園の中にはいってごらん。


君が見たのは、すこしづつ傾斜する細長い街区の風景。
街区を作れないほどに傾斜した土地にまで見る、連続した建物を建てたいという欲望。
いわばヨーロッパ巨大中庭街区のファサードだけが残った状態。

ほら、気付かないかい?
この風景が君の中に強迫観念のように巣くってるんだよ。

ところで、ここが敷地だってわかる前、
ローマ橋から、敷地を漠然と見渡したことが幸運にもあった。
なんたってそこで何かやらなきゃならない、っていう考えなんてひとつももっていなかったんだから。異郷の地でそんなことがあるなんて完全な偶然だったんだね。

その時は、なんだかいろんなものが組み合わさっている場所だなと思っただけで、特に感動も無かった。
君のメモには近景、中景、遠景の緑の違いなんてわけがわかんないことしか書いてない。
よっぽど感動がなかったんだろう。

でも橋から見えた風景をスケッチしたりしてた。
もしかしてこれが君のポルトガルでの最初のスケッチなんじゃないかな?
なにも無いところのよさだね。
何もやることがないと、人はなんかやりたがるものなんだよ。それが創造の源になることだってあるんだよ。
一緒にいったやつが、やたらと写真とっていて、君は暇をもてあましてた。
人が近代的な目で美しい風景を頭のなかにいやらしくしまいこんでたときに、君は古典的にもあけっぴろげに万年筆なんてとりだしたものさ。


それから授業をうけてそこが敷地だってことがわかってね。
妙にいろんなことに感心しちゃうことになる。

こうなってしまうとどんなことも面白く見えてしまうものなんだよね。
目に気合が入っちゃうって言うか。
だからいいとこばかりをみようとしちゃって、そそくさと頭の中が建築ポルノだらけ。
僕が君の気付かないところで、すすだらけになりながらそんな造花の山を焼いていたんだよ。

だけどこのときはもう手遅れだったんだ。
僕も君同様、あの細長く切られた線形の建物たちが、頭の中で不気味に増殖していたのに気付かなかった。
そんな敷地と関係のあるかないか微妙なところから移植してなんて、全くどうしようもない馬鹿だね。
だいたい温度の統制のきいた植物園の中じゃ、そんな雑草がはびこるのにたいした時間もかからない。

ねたばれなんていう言葉を使うのも気が引ける距離だよ。
かえって監視があまくなってしまったんだね。
スポンサーサイト


2008.11.26(Wed) - リスボン追記





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。