Recently
Archive
Category
Link
Profile


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--) - スポンサー広告


お前たちはサイボーグではないよな?

ヘッドホンつけながら作業する人を見る恐怖。
この怖さについて記すべきこと。

自分は故郷は音楽や動画やの中にある気がするけど。
故郷が同じってことは
聞いてる音楽とか見てる映像とかがおんなじことだ。

部屋に帰ると2人の人間達は帰郷中。
別の空間(場所ではない)に閉じこもってリスボンで作業したい人々。
人間とは別の国に来たくらいでは、自分の行動がかわらないものなのだ。

でも
やっぱり音楽は故郷にはなりえない、別のものだ。

故郷から同郷という概念が分離したのかもしれない。

建物からも故郷という概念が分離して、
内装が同郷という概念をいま、まとっていると考えられないか。

するとモダニズムとはすごい改革だったことがわかる。
さらには打ち放しコンクリートも。
曲がりくねったガラスも。
ホワイトキューブの白塗りも。
全部にコミュニティーがある状況である。

音楽を聴きながら他人を無視しつづける人々。
そんな人々を取り囲む建築。
つまり内装。
やれやれすごい物質ができたものだ。
恐怖の物体だ。

なんてね。
スポンサーサイト


2008.10.28(Tue) - 詩と作文





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。