Recently
Archive
Category
Link
Profile


耳がもげる時

ぼくがあなたを知ったとき

あなたはすでに死んでいた

それはいつのことだったんだろう?



ぼくが大阪で産声をあげて

あなたがニューヨークへ渡った

1986年1月

それはわかっている



ひとりであなたの歌を聞くとき

あなたがぼくの中に入ってくる

いま

ふたりは歌っている



ぼくが渋谷をあるくとき

あなたのことなんて考えない、ふと考えたとしても

かこ

ふたりは考えている





困ってぼくは15時間寝た。





見開かれた眼。短い時間。

たくさんの文字。たくさんの人。たくさんの言葉。

あなたはぼくののなんなのでしょう?




未来のことはわからないけれど

もしぼくの耳が、もげて

あなたとか、好きな歌をきけなくなった時は



いろんなペンで

いろんな紙に

あなたの詩をかくと思う。
スポンサーサイト


2008.09.07(Sun) - 詩と作文





/