Recently
Archive
Category
Link
Profile


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--) - スポンサー広告


親しみの恐怖への変貌

ワニのぬいぐるみの尻尾が、何度もかじられたことにより毛だってしまった。
プール底から、青白く光る本物のワニが、こちらを、その毛立ちを、見ている。

ようやくたどり着いた椅子で、食事を待つ力の抜けた表情。
黒いバックははち切れそうだ。もうジッパーが一つ壊れている。

穏やかだった海が…
突然の意表。
飛びついてきた大波。
跳ね返る音。
立ち尽くす。
濡れた着物。
恐怖。
振り返る。

そこでは常におもちゃのような車が移動し続けていた。
指を全力でそちらへ向け、泣いて助けを求める。

夜。目を閉じたまま、温もりの欠如を感じる。
暗いなか、両親のほうへ這っていく本能。

おぞましいものを見たような我々の表情。忌々しすぎる我々の顔。
ガラガラのカフェで四人で入り、一つだけ追加のアイスコーヒーを頼んだように、
汚らしく、忌々しすぎる、我々の生活。
スポンサーサイト


2017.02.15(Wed) - 詩と作文 2017





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。