Recently
Archive
Category
Link
Profile


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--) - スポンサー広告


暴風

そのころあまり心臓の調子のよくなかった俺は、街で珍しく雪が降った日も、飛行機雲がまっすぐ空に線を引いた日も、空高くトビが何にも考えずにゆらゆら舞っていた日も、自宅から一歩も出ずに待機していた。

ある日、いつも不機嫌なジンからメールで、「一杯やらないか?」と連絡が来た。難癖ばかりつけてまわりに人が寄りつかないあいつのそばには、いつも俺がいるばかりだった。

その日は本当に風が強い日で、窓のサッシが樹脂製の枠に当たって落ち着かない音をたてていたし、死亡事故のニュースも流れていた。外に出ると吹き荒れた風が、坂を上下する人々の使い捨て傘を折って、みんな花壇の脇につみあげてしまっていた。そして俺のヒザから下に、雨粒をたたきつけた。

傘を半開きにして走っては、どこかのビルの下に雨宿りすることを繰り返した。俺は山岳部に所属していた高校のころに歩いた、東北のほうの連峰の、高い尾根を思い出していた。黒い岩肌と葉のない白い幹の木々の生えた斜面で耐風姿勢をとり、一時間くらい一歩も動くことができなかった。その山行は散々たるものだった。吹雪のなかをさまよい歩いたあげく、一日たって元の地点から100m手前に戻ってしまったこともあった。最終日にはようやく晴れたが、幸運にも俺たちの前に誰かの足跡がついてなかったら、下の世界に降りるためのロープーウェイの発車時間に、間に合わなかっただろう。

横なぐりの雨のような性格のジンは、そのときから俺たちのリーダーだった。いつも連れまわされている俺。「今日は自宅待機のこと」と会社からでさえ丁寧なメールが来た。なんだってこんな日に、わざわざ駅前まで呼び出したりするんだろう。

駅前で話し場にしていたスペイン風バルに駆け込んだときには、ズボンのヒザから下はぐちゃぐちゃに塗れて重たくなっていた。ジンはまだ来ていなかった。入り口近くにいた女に、「ハイネケンを一本。」そう言った刹那、表で大きな悲鳴がした。見るとカーブを切った軽トラックが横転して、交差点のまん中に、ケースから飛び出したビール瓶が粉々に砕け散っていた。

携帯をみると、「いま駅についた!」と横なぐりのジンからメールが入っていた。俺はバルにいた人たちと同じように、もう一度、交差点のほうをよく見た。茶色いガラスのかけらが風で舞いちり、バラバラとどこかに当たる音がした。バルのなかは、雪にうまり、空っぽになった山小屋のなかのように静まり返っていた。ひっくり返った車から少し離れた場所に、小さな人だかりができていた。それでも車通りはとどころうとせず、障害物をぬって新しい流れを作り出していた。そのうち、救急車と消防車が何台もやってくるまで、俺は横断歩道の信号機と巨大な電光ディスプレイと有線放送が奏でる、複雑な音楽を聞いていた。
スポンサーサイト


2012.12.29(Sat) - 詩と作文 2012





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。