Recently
Archive
Category
Link
Profile


確かにあった

ウィキペディアに映った自分の履歴
卒業アルバムと結婚写真に載っている妻の笑顔
元カノにもらった服
どれも月よりも遠いように思われる。
全く現実感がない。

でも確かにあった

誰からいただいたのか
誰にもらわれたのか

小学校の通学路に落ちた石榴をほうばる
誰も蹴っていない、アスファルトの堅さにも耐えた割れ目のない果実の強さを・・・
「それ、私があげたんだよ」

子供の頃住んだ自宅の前の坂道の勾配
マンションが消えてまたマンションが建つ、崖上の扁平地
建材がきれいになくなり、海に集められた悲しみを・・・
「それ、俺がやったんだぞ」

スペインで訪れた村や街
水の出るシャワー、一〇〇円ショップのワイヤーに下げた自分の下着
他人の金、異国の料理
外にはクチバシに袋を下げていないコウノトリ・・・・・
「そんなものもなにもかも全部、全部、あの人からいただいたんです。」

確かにあった

誰にもらわれたのか
誰からいただいたのか

スピーカーからはつくりものの音楽しか流れない。
本や雑誌にもない。

でも確かにあった。
そういうことを、できるだけはっきりさせておきたい。
スポンサーサイト


2012.12.29(Sat) - 詩と作文 2012





/