Recently
Archive
Category
Link
Profile


1015

本日学校の授業漬け

千葉学の設計学講義。
詳細なスタディ過程の紹介から、プログラムの様子に大変気を使っていることがわかった。
細かい生活環境を気にする事は大事。それを素直にスタディしているように見えたが実際はどうなんだろう?
直線的で小屋のような自身の建築ボキャブラリーと、アメリカのアートシーンや彫刻などを重ねて語っていた。
「site determined」の紹介。

駒場。8年通った町にまたくることになるとは。
ドクター村松の都市とは何ぞや会議に出席。
本郷とは空気が違う。
弁のたつ人が多い気がする。
説得力をもったひとは少ない気がするけど、研究や論議にかける情熱に畏敬の念を持つ。

本日は、「都市とは何か」「都市を歴史的にみる意味とは」の二つに論点があったと思う。
以下僕なりの答
前者は、「定義できない。言葉で示したとたん、意味が狭まってしまう。」あるいは「定義次第。生の豊かさ、価値観が生まれる場所、想像力の結晶などから、石の建物がたっているところ、などまで。」あるいは「何かしらの目的を持つ人々が集まっているところ。正しいもの、いいものを求める情熱が異常に高いところ。」
後者は、「過去に対する認識の正しさを、暫定的にさししめすこと。この正しさは確かに作られた人形だが、都市に住む人々の目的になったり(夢とか言われるもの)、人をもっと都市を好きにさせる。」

その後は本を読んで音楽を聴いて何もしない。
スポンサーサイト


2009.10.15(Thu) - 日本日記





/