Recently
Archive
Category
Link
Profile


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--) - スポンサー広告


0412

カヒーリョ作ポルトアレグレの教会へ。
なかなかよい。
言葉で説明できない図式を持っている。

行く道のアプローチ、帰り道のアプローチの両方をうまく扱っている。
行く道からは岩と林が見え、帰り道からは道路が、両者とも断片的に見える。
建築のせいで、等価にそれらをあつかっているように見える。

カヒーリョの建物は、曲線を拝することで、個人的な匂いを消しているのだが、
壁や床の扱い方が変質的なために、彼の作品であることがわかる。
スケッチ的ではなく、発想的に建物を考えているところがある。
遠いところから決まってきた感じがある。

そういう感じがうまくはまるといい建物になることがあるのだなあ。

建築家のつくった教会で感動するのは当たり前みたいに言う人がいるけど、
教会を設計できるというのは僕にとってはすごいことだ。
手がかりがすくないのだから。

モンサラーシュへ。
2度目。この村は僕の訪れたポルトガルの村の中で一番よい。
基本的に建物の高さが低く、風通しがよいのがよい。
市の中心に教会などのたつ、高いところがあって薄暗く、違う雰囲気がつくられている。

シザの1000戸の住宅の計画

リスボンに8じにかえる。
スポンサーサイト


2009.04.13(Mon) - リスボン日記





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。