Recently
Archive
Category
Link
Profile


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--) - スポンサー広告


1005

11時まで寝る。今日は身体が元気なようだ。
昼飯を食べた後、城の跡がある丘へむかう。
地下鉄と市電をのりついで到着。
リスボンで今までで一番高いところに来た。町全体が見渡せる。
屋根面がもうひとつの面を形成して、その隙間から地表面が見える。
ほとんどの建物が5,6階建てで、屋根は橙色と、統一がとれている。
クレーン、ホテル、駅、広場、山のほうの高層ビル群などの建物がそこに反調をくわえている。
山がちで屋根に支配された町だから、人がいるべき地表面やテラスなどが隙間から強調されて見える。
このような町ものっぺりと低い建物が広がった日本人から見たら珍しい。
六本木ヒルズからの眺めに代表される上からの視点とは異なる、斜め上からの視点。
でもそこにいるのは観光客であることに注意する必要があるだろう。
ここに入るのには5ユーロかかるのだ。この町の重要な収入源。
都市建設の重要なポイント。
城の跡もアスレチックの様相を呈しており、ゲームの中のよう。
演奏者のひいているギターの音が、壁に反射して、とてもきれいだった。
それからビールを飲んで帰り、サッカーをしにいく。
しんどくて途中でリタイア。本当に体力が落ちた。
それからサッカー観戦に向かう。スポルディングVSポルト。
スタジアムは8~9割の入りだが、ファンの盛り上がりはさすがに日本以上。
でもバレンシアのほうが激しいと思う。
リスボンのファンは紳士だ。試合に負けたのに拍手。
その後、夕食をレストランで食べて、寮に戻って就寝。
スポンサーサイト


2008.10.06(Mon) - リスボン日記





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。