Recently
Archive
Category
Link
Profile


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--) - スポンサー広告


0318

R0010656.jpg


ポルトから1時間かけ、ブラガへ。
ピンク色の花が美しかったが、なんの花かはわからない。
バスに揺られて1時間、ポウサーダへ到着。
まず内部のレストランで簡単に昼食を取ろうとしたが、あまりに高い。
シェフに正直にはなしたら、外のレストランをお勧めしてもらった。
地方の食べ物がほしいといったら、豚の臓物の煮込みが出てきた。
肝臓に野生を感じる。
あらためてポウサーダを見る。
コールテン鋼の窓枠が、影のように黒く後退して、まるで存在しないかのように見えた。
ガラスにそのまま石がはまったようなディテール。
かっこいいが、こういう感覚は、なんかしっくりこない。なぜかな。
エントランス部分がよい。
21世紀美術館と同じ、エントランスの裏側にすぐ光庭がある方式。
そういえば谷村美術館もそうだ。(閉館したそうですね。)
この近さが僕はとても好き。なぜかな。
教会裏側の墓場がかわいらしい。
墓場のようなものをかわいらしく残していく感覚は、日本と少し違う気がする。
その後ブラガ中心に戻り、スタジアムへ。
中には入れず、外から除くのみ。
屋根の薄さやスラブの薄さのかっこよさが目に付く。
ソウトデモウラは重いものと軽いものの差をはっきり見せるのがうまい人だと思った。
ポルトへ列車で戻り、就寝
スポンサーサイト


2009.03.22(Sun) - リスボン日記





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。