Recently
Archive
Category
Link
Profile


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--) - スポンサー広告


0201

列車で30分ほど、ギゴン・ゴヤーヴィンタートゥーア美術館へ。小さな町の美術館の増築。1Fを駐車場として、2F部を持ち上げているが、1F部構造が異常に細く、機能的に優れているように見える。鈍く反射する半透明の細長いガラスの板が外壁に敷き詰められている。その上の金属でできた工場の屋根のようなトップライトの視覚的インパクトが強く、重いものほど上に載っているように見える。かといってアンバランスではない。展示入れ替えのため中には入れず。駅に戻りルツェルンへ。車窓から小さな家のあつまった分譲農地が時々見える。到着駅のカラトラバの駅舎入り口部は良い。ジャンヌーベルの文化センターへ。突き出た長いひさしが、5Fからは風景を切り取ると同時に、遠景からのモニュメントとなっている。ひさしの裏面のパネル割りの小さなグリッドが、まわりの湖面や建物の独特のリズムに緊張を与えている。湖までかすかに見える美術館の途中のブリッジが良い。ヘルツォークのホテル、ジャンヌーベルのホテルを見てバーゼルへもどる。
スポンサーサイト


2009.03.03(Tue) - 欧州旅行日記 2009/1・2





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。