Recently
Archive
Category
Link
Profile


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--) - スポンサー広告


読書会のポスター

そのころは教師達がまだワープロでテスト問題用紙を作成していた時代だった。まぁさらにその十年前には手書きで作成していた者がほとんどだったのではなかろうか。その頃にヨシキは自宅のパソコンを使って画像を処理したポスターを作製した。それはヨシキが自発的に行った時間や手間をかけた物事のうち、ほとんど初めてのことであった。ポスターは五つあった学年の教室の一番後ろのコルクボードに貼られた。それは彼らが卒業するまで、ずっと貼ってあった。最初、英語読書会には三人の生徒(そのなかにヨシキもいた)と教師しかいなかった。だが次第に参加する生徒は増え、最後には教室に収まらない程の人数となり、大会議室で行わなければならないまでになった。
だが、それほど盛況となったにもかかわらず、ヨシキは既に読書会に参加しなくなっていた。彼は大勢の人の中にいることが苦手だった。そのため理系にもかかわらず世界史という暗記量が多く受験に不向きな社会科目を選択し、少人数の授業にばかり出ていた。またヨシキの目的は英語を勉強するために勉強会を立ち上げるとか、一人ではなく皆で行うことにより長期的な学習をしようとか、ましてや生徒たちを勉強会に動員することにより注目や評価を得たいとか、そういったことでは無かった。彼はただ追い詰められた状況にいたのであり、暗闇のなかで生きていかざるを得ないと感じていたときに、そこに英語勉強会という可能性があった、というだけだったのである。題材はヘミングウェイにしたいという教師の意見だけがあり、誰からも「やれ」と言われたわけではなかった。だが彼はやらざるを得なかった、と今は感じている。何故だったのか。一つにはそれしかなかったからであり、一つには何か善いと思われることをやらないともうこれ以上生きていることが出来ないと感じたからであり、一つには自己表現をする他の手立てを創造できなかったからである。
ヨシキのパソコンのなかには既にそのとき普通に購入すれば数十万円は当時した画像処理ソフトが入っていた。当時はまだウェブ上でのファイル交換ソフトの規制がほとんど無かった頃であり、さらにソフトウェア上でのユーザー認証の手法も甘かった。画像をウェブ上で入手し、加工し、文字を入力すれば、すぐにポスターは完成した。そのポスターがそのまま学校に貼られたということは少し驚きで、素晴らしい出来栄えだと教師の称賛を得たのはもっと驚きだった。確かにそのような画像を大々的に使ったポスターが簡単に作れる時代ではなかったが、勉強せよ成績を良くせよとトンカチで叩きこむように言われている状況のなかで、その逆方向ともいえる動画やソフトの収集といういわゆる遊びのなかで生まれた産物が称賛されるというのは、不可思議なことだった。
ヨシキは一度だけ大会議室の扉を少しあけて中をのぞいてみた。そこには自分からは遠く離れていると感じられる生徒たちが沢山集っていた。部活動に熱中し、英語にかつては興味を示していなかった者が大勢机に座り、A3のプリントをめくりながら英語を朗読していた。ヨシキは扉をすぐに閉めた。そして廊下を歩き始めた。かなり不思議なそれは光景だった。自分が始めたにもかかわらず、すでにそれに自分は含まれていなかった。だからこう考えることにした。自分が始めたのではなく、やはりそれは可能性がかたちになるプロセスの一端に、自分が力を加えただけのことなのだと。だがそのポスターを何か善きことを世界にしようと思い作ったということは、他のものには知られえないことだった。高校生のヨシキは突き当りの別の扉を開け、図書館の席の自分の参考書の前に一人座り、勉強を再開したのだった。

そして、今、一通のメールが届いていた。「T先生が是非ヨシキ君に会いたがっています」という文面の後に、添付ファイルで先生からのメッセージが添えられていた。ヨシキはそれをクリックした。(201603)

スポンサーサイト

2016.04.10(Sun) - 詩と作文 2016


ゆっくりと音が歩いて来た

無理に飲んで床に就いた。会社の年度末の送別会と二次会だ。長い夢を見た。途中で二機の巨大な旅客機が連なって飛行していた。あまりに巨大で、超高層ビルよりもはるかに太く、大きかった。そのうちの一機が、よけきれずに、その超高層ビルにぶつかった。僕らはそれをショッピングモールのテラスのような場所から見ていた。ぶつかったとき、ぶつかちゃったな、と思った。やっぱり、と。でも少し前までは、そんなぶつかるはずなんてないよな、と思っていたのだ。ぶつかった瞬間、音はしなかったが、破片が舞っているのが見えた。静止画のように空にそびえていたビルから、点のように小さなものが、ばらばらと散っていた。後から考えると、それは特に遠く離れていたから、音が届くのに時間がかかり、光景だけが無音のなかで見えたのだと思う。その後、二機の飛行機がどうなったかは分からない。僕は息子を抱えて逃げた。あらゆる角を曲がり終わることのない途を目が覚めるまで歩き、ときに走った。今でも飛行機がぶつかろうとするのを見ていた時を思い出す。まさかぶつからないだろう、と思いながら、じっと見届けようとはいられない。その腹を見せながら、回避する姿勢ではあるものの、旋回をしきれず、ぶつかる。それは音もなく起き、心の中には、ああやっぱりな、という気持ちが広がっていく。(201603)


2016.04.10(Sun) - 詩と作文 2016


戦士は自らで自らを律す

女の店員が少し取り乱してレジ脇のスペースに歩いてきて電話に出たが、受話器を落としてしまった。「ああー」と彼女は更にあわてることになった。「ハイ!○○○ですが!」声は何かを攻撃するようで、何処かに突き刺さりそうだったので、私は少し緊張した。だが彼女は落ち着いた様子で次に言った。「○○○は通常は取り寄せになりますね。一応在庫がないか確認してみて下さい。場所は…」そして彼女は受話器を戻し、レジの外へ、我々のいる売り場の方へやってきて、そのままどこかへ行ってしまった。私は商品を手に持ってまだ長く続く列に並んでいた。でも会計をしているのは一人の店員だけだった。最初そのいらだった女店員が来たとき、会計が二人体制になって少し列が進むのが早くなるかな、と思った。だがもうその気持ちは消えていた。彼女はどこか、こことは全く異なる世界で、短い時間でもいいから休息をとるべきなのだ。(201603)


2016.04.10(Sun) - 詩と作文 2016


我々と彼ら

彼らは目の前の窓の外を左から右に歩いて行った。ほとんどの者は独りぼっちだった。手には弁当の入った小さな袋を持っていた。対して我々は温かい室内にいて、のんびりと過ごしていた。新聞や本を読んだり、タバコを吸ったり、スマートフォンをいじったりしていた。一人の男が自動ドアから外へ出ていった。次々に人々はそのドアから凍える冬の空気のなかへ加わっていった。室内には人はまばらになった。そして私も結局外へ出ていった。皆と同じく、その特徴のない自動ドアをくぐり抜けて、孤独な旅路についた。(201603)


2016.04.10(Sun) - 詩と作文 2016


何故皆違わなければならないのだろう

ある日Hは王国のサラリーマン達が同じ鞄を持っていることについて考えていた。王立の鞄工場は一社しか無かった。だから皆、同じ革で出来たその会社の鞄を持っていた。革は黒と茶の二種類があり、デザインは三種類から選ぶことが出来た。デザインの違いは主に用途の違いによるもので、人々は自分の鞄を選ぶという手間を省いていた。というよりも、選ぶという概念自体が無かった。必要があればインターネットに接続し、クレジットカード番号が登録された専用のサイトで一回クリックをすれば良かった。サイトの履歴には生まれてから各個人がいつ鞄を購入し、どの部位を修理したか記録されていた。(201603)


2016.04.10(Sun) - 詩と作文 2016


高級食材になったトマトさん

古い喫茶店に来る。カウンター席に座ってコーヒーを飲んでいると、店主と思わしき白髪の男性がてきぱきと調理をしたり飲み物を作ったりしている。しばらく見ていると、サラダやコーヒー等をまとめて作っている。つまりよくオーダーされるものは五人分を一度に作っておいて、効率性を上げている。個人的には五五〇円(税抜)もするブレンドコーヒーは一杯ずつ粉から抽出してほしいのだが、それは今回の話の趣旨ではないし、その無駄のない店主の作業をながめているのは、全然悪くなかった。そのような職人的な動きは、機能的でありながら一種の良く考えられた庭園のように、風景を作り出していた。
誰かがセットを注文すると、四人分のサラダがまとめて作られた。横から若い女性がやってきて(たぶんアルバイトだ)、店主の膝元にある冷蔵庫があけられた。中からミニトマトが取り出され、サラダの上にひとつづつ置かれた。それを見て僕は「ついに」と思った。ついにこの時が来た、と。僕は大分前から、最近はどのレストランもいわゆる「セット付サラダ」にトマトを入れない、と考えていたからだ。そして実際に、前年から続けて半年ぐらいは、僕の食べた「セット付サラダ」には、トマトが(ミニトマトさえ)入っていなかったからである。
レタスが一番底にしかれ、細切りのキャベツが山のように盛られた。その頂点にミニトマトが置かれる。仕上げにドレッシングをかける。トマトの「セット付サラダ」における必要性は、実際に目にすれば誰でも判断がつくと思う。僕はそこにトマト込みの「セット付サラダ」が未だ存在したことで、その形式をしっかり心にとどめておくことが出来たのだ。あなたにとって「セット付サラダ」とはどんなものでしょうか?それがトマト込みであれば、何故か僕は嬉しいのです。(201603)


2016.04.10(Sun) - 詩と作文 2016


凄く魅力的なのにあんまり一緒にいたくないと感じてしまう人って、いない?

電子タバコにした途端、タバコを吸いたいという欲望が減った気がする。
電子タバコのなかった世界で一生を終えた祖父は肺癌で死んだ。その祖父に「電子タバコなんかにするからだよ」と言われそうな気がする。
電子タバコの味は予想以上にマズかった。おいしくないのである。まるでわざとマズくしている感じだ。マズくしないといけない理由でもあったのだろうか?なのに吸った感はある。これが「ニコチン感」というものなのだろうか?何年間も吸っていてもわからない。そもそもニコチンの味というのを知っている人はどれくらいいるのか?ニコチンの抽出液を舐めてみたい。「あーたしかにニコチンの味だな」と思うんだろう。
でも愛の抽出液などない。愛の味って何だろう?愛とニコチンって、似ているなと思ったのだが。皆経験したことは違うのに、愛とかニコチンとかいうと、経験者なら何となく伝わるものがある。ところで電子タバコユーザーと(葉の?)タバコユーザーは今後ニコチンの味を伝達しあえるのかな?「電子愛」と「(アナログ?)愛」の各々の経験者は、愛の味を伝達しあえるのかなぁ?それは何となく個人的には伝達可能である気がします。とりこになってしまうくらい何かを欲することって、その味があれば安心することって、そういう大きな意味合いで。
話を元に戻すと、僕はタバコ的なものを、タバコに付属する様々なものを含めて、欲しなくなってきている気がします。葉のタバコにはイガイガと喉に刺さる煙たさや、灰が思いもよらず落ちてしまう億劫さや、鞄のなかで箱ごとつぶれてしまう悲しみがある。基本的に電子タバコはむせつくようなこともないし、灰もでないし、固い金属でできた棒とカートリッジなので、とても便利だ。しかもちょっとした恰好良さだって無くもない。充電する必要はあるけれど、いったんしてしまえば、しばらく火をつける必要もない。葉のタバコでいう一箱分に一回程度、充電をする必要はあるけれど。
便利になったらもっと吸うようになっても良さそうなものですよね。自動車だって便利だから、みんなやたら乗っているし、馬車にはない新しい喜びや楽しみが生まれたわけですよね。食べ物や飲み物の流行だって、手軽さや便利さが(もちろん健康志向のようなスロータイプもありますが)、先導的な役割を果たしている。でも電子タバコは何かそうではない。とっても便利なのに、そんなに吸いたくはない。それは単にその味が何かしらどうしようもなくマズいからという理由かもしれないし、電子タバコに「根本的な欠陥」のようなものがあるからなのかもしれません。
ではその欠陥とは何だろう、と僕は考えてみる。でもそれは人の欠点を探すことのように僕には困難だった。結局のところ、いくら味がマズいからといって、それはそのものが有している個性という側面があるわけだから、人の顔と同じように完全否定は出来ないと思うわけで。まぁ好みの問題なのかもしれません。誰か電子タバコの「根本的な欠陥」のようなものをうまく説明しくれる人っていませんかねぇ?(201603 )


2016.04.08(Fri) - 詩と作文 2016





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。