Recently
Archive
Category
Link
Profile


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--) - スポンサー広告


小銭

台風一過の東京
社員の一人がエスケープ
残された仕事は俺たちの身に降りかかり
置き去りにされた現場は無法地帯

今日も深夜まで清掃
汚れた作業服にくるまれた体ひきずって
自動販売機の前に立つ
迷った末にサイダーを選ぶ。さっきも飲んだけれど。

別にただ喉をうるおせれば
そんなにたくさん、選択肢はなくてよかった。
受け皿からこぼれ出た10円玉は、
腰をかがめるのも面倒だし
そのまま置き去りにして帰ろう。


明くる日の休日
13時まで眠った。
開いた携帯に着信履歴。
男たちの仕事に終わりは無い。

資格取得のための塾を休む。
先週も台風のために休んでしまった。
費用は遠い親戚持ち。
いくらとは言わないけれど、馬鹿にならない値段だ。

喫茶店に行って、ミルクコーヒーを飲もう。
語り合った夢みたいに、大きくならないでもよかった。
大切なのはこの小銭。
これがあれば空しい今日も
まぶたの上の痛みもなくなるだろう。


・・・置き去りにされた小銭を集めて
東京にしがみつくぼろ雑巾みたいな奴らで
一晩パーティーを開こう・・・


別にただ喉をうるおせればよかった。
給料がいくらだとしても関係ない。
大切なのはこの小銭。
遠い親戚の祈りは
見えない場所でまだ、響き続けている。

スポンサーサイト

2011.10.12(Wed) - 詩と作文


1号館

地下室でシャワーをあびたあと
ながれこむ空気がつめたくて
白くてかりを放つ床のうえで
ただ単純にふるえていたんだけれど

エレベーターがひらいたとき
知らない部屋のひとつの扉から
水色のレギンスをはいたひとりの女が
うつむきながらやってきて

ぺたぺたと音がした
彼女ははだしだった
手にはコピー用紙が零れ落ちそうなくらい入った
紙袋をかかえて

もうすぐ消えてしまいそうなくらい
またぺたぺたと音をたてながら静かに
先におりた彼女はまた
ひかりでみちた廊下をあるいていった

つみあげてもつみあげても
崩したくなる衝動、壊されてしまう恐怖と戦いながら
謎だらけのこの建物のなかで
僕たちは寝て、起きて
ときにはこんなふうにお互いに
みるはずのない後姿をつむいでしまう


寒い一月だけれど
ぼくのいつもいるこの煉瓦の館のなかはあたたかくて
階段の途中の窓からは
葉っぱを全部おとしきったイチョウの木がみえた

この建物にきて一年くらいのあいだは
三階につくとどこかの部屋から
するするとバイオリンの音が
ながれだしてきて

いつもたちどまってしまう
固く閉ざされた扉のむこうから
いくども同じフレーズがくりかえされて
同じ場所 同じ時間に

結局それが誰かもわからないまま
いまはもう聞こえなくなってしまったけれど
静かな扉のまえあたりの一面は
白いひかりでみちている

つみあげてもつみあげても
崩したくなる衝動、壊されてしまう恐怖と戦いながら
謎だらけのこの建物のなかで
僕たちは寝て、起きて
ときにはこんなふうに一人きりで
少しときがとまったような時間をすごすこともできる





2011.01.15(Sat) - 詩と作文


ニューヨークのイギリス男

私はコーヒーは飲みません。私はお茶を好むんです。
私はトーストも一方の面だけを焼いたやつと決まってます。
話すときのアクセントでわかると思いますけど
私はニューヨークにいるイギリス人です。

フィフス・アヴェニューを下っていく私を見つけたら
杖がそばを歩いているように見えるかもしれません。
こいつはどこでも一緒です!
ニューヨークにいるイギリス人です。

私は外国人。
私は合法的な外国人。
私はニューヨークのイギリス人男性。

つまりは、外人。
ちゃんとした外人。
ニューヨークのイギリス男。


もし“礼節人を作る”ってことなら
あいつはこの町のヒーローなのにな。
無視されたり笑いかけられたりもするんだろうが、
何をいわれたとしても自分をまげようとしない。

私は外国人。
私は合法的な外国人。
私はニューヨークのイギリス人男性。

つまりは、外人。
ちゃんとした外人。
ニューヨークのイギリス男。


謙虚さ、正しさって悪いうわさを招くじゃない。
あなた、ただ一人死んでいくってことになりかねない。
穏やかさ、まじめさなんて、この社会にはほとんどないのよ。
・・・夜、ろうそくの光一個が、太陽より眩しい。


人を作るのは武器にあらず
銃のライセンスにもあらず
正面から立ち向かえ、出来るだけ戦いは避けよ
紳士は歩くもの。走るべからず。

もし“礼節人を作る”ということなら
彼はこの町のヒーロー。
無視されたとしても笑いかけられたとしても
何をいわれたとしても自分をくずしたりはしない。

何をいわれたとしても
自分を曲げたりはしない。

何をいわれたとしても
自分を曲げたりはしない。

私は外国人。
私は合法的な外国人。
私はニューヨークのイギリス人男性。

つまりは、外人。
ちゃんとした外人。
ニューヨークのイギリス男。


(Sting ”Englishman In New York”訳)


2010.11.04(Thu) - 詩と作文


「僕なりのありがとう」


top.jpg


僕が きみを 知ったとき
きみは すでに 死んでしまっていた
だから ありがとうも いえなかった

僕が こちらで 産声をあげたとき
きみが しずかに NYへ渡った
はじめから 会うことも なかったはずだね


ひとりでに きみの歌を 聞くとき
きみが 僕の中に 入ってくる
いま きみと 僕は たしかに 歌ってる

僕のことを うたに かいてくれた 
その きみは 僕の なんなのでしょう


もし ぼくの耳が 両方とももげて
きみのうたを きけなくなったときは

眼を開いて 短い時間で
たくさんの文字 たくさんの言葉で
いろんなペンで いろんな紙に

きみのうたを かくよ ありがとう



2010.05.21(Fri) - 詩と作文


きりどき

a58bf39b.jpg



どんなことがあっても
前だけを見て歩いてきたね

でももうどれくらい
のばしつづけてきたの?

洗面台のあかりが
まぶしくて

鏡をまっすぐみつめられないまま
今日も

重い髪のせいで耳が痛いし
どうしてこんなふりをしているのか、
うまくいえないけれど

どうどうと歩いてきたことを
誰かにわかってほしかったんじゃない?




重いかばんを持ちながら
毎日同じ道を通っているね

どうしてまわりの目が
こんなにきになるの?

家の小さな鏡じゃ
わからない

はみだしたまま、すぎさってしまう
いつまでも

耳にかけた髪が重いし
だれがみているかわからないし
聞きたくないことばかりだったけれど

自分で決めたことをつづけることで
なによりもいまをいきていってほしい


2010.05.17(Mon) - 詩と作文





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。