Recently
Archive
Category
Link
Profile


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--) - スポンサー広告


海の望み、木の望み

砂浜に一本の木がありました。
波が打ち寄せ、太陽が照りつけていました。



海が木に呼びかけました。

私はあなたに触れたい。
なのに私の手は届かない。
あなたは私の届かないところにいる。
あなたが生まれたときからそうだった。
どうしようもないことなのかしら。
それでも私はあなたに触れたい。



木はこたえました。

ありがとう。
でも、突然、どうしてなのだろう。
あなたがこうやって話すことができるとは知らなかった。
世の中にはわからないことが、まだまだあるみたいだ。

私はあなたの思っているほど、いいさわり心地ではないかもしれない。
陽に雨にさらされて、虫や鳥がつついてはいで、もう生まれたてのように若々しくはないのだ。
あなたは覚えているだろうか、私があのころ放っていた輝きを。

あなたは太陽に生き物に、汚されたり食べられたりされたとしても、老いることなんてない。
けれども、この私は、もうすぐ死が訪れるのをひたすら待っているのだ。
そんな私に、どうして触れたいのか。
どうして、そんなことをいまさら言うのだろうか。



海はいいました。

あなたは美しい。
あなたは空に向かって枝を伸ばす。
そのかたちは影を残す。
風は私を波立たせるけれど、あなたは葉をなびかせて、かたちを変える。
生き物にはかたちがある。
あなたはとても綺麗。

そういうものに、私はなりたい。
わたしはあなたと触れあいたい。あなたそのものになってしまいたい。
触れたくて触れたくて、こんなにいつも、近くまで来ているのに、
もう少しのところで、いつも、届かない。
大きな大きな引力が、私の背中をつかまえて、後ろからひっぱっているような感じ。



木はこたえました。

たしかに、こんなに大きくたくましくなれたのは、あの太陽とこの砂浜のおかげ。
そして、雲がゆき、雨が雪がまいおりる、水のめぐりかた。
全てにたいして、わたしのなかは感謝であふれている。

こんな姿になったのは、ただただ、太陽が気持ちよかったから。
少しでも近づきたかっただけ。日々そう思っていた。
それで、燃えるようなこのあたたかさが、今日もたまらない。

あなたも、ところで、美しい。
太陽があなたの大きな背中を照らすあいだ、私は目を離すことができない。
昼のあいだは、まるで世界の全てのように、安定している。
陽が出て、または沈むときは、一気に赤く染まって、みんなの声と気持ちをかきたてる。
わたしたちは、親や子供たちのことを思い出して、ひとつになる。
そういうことができるのは、あなたしか知らない。
あなたは、世界の全てそのものとなって、私たちをつつみこんでしまうのだ。



海はいいました。

ありがとう。
だけど私は、実際には、全てだとは思えない。
どうしても。どうしても。

あなたにだって、触れられない。
あなたのような美しいかたちもない。

私のからだのなかには、たくさんの生き物がいる。
今日もいろんな物が、生まれて死んだ。
でも、それは私にとって、ほとんど何も感じないこと。

私に見えるのは、私の存在が消えていく、境界のうえのものごと。
街のホテルやアパートの高層ビル。
小さな港湾の岸壁、市場の小屋。
切り立ったリアス式、フィヨルド式の岩壁。
そして、この白い砂。
そして、あなた。

すべて私にとって、触れることのできないかたちだけが、
私の目にうつり、私の心をとらえるの。
あなたのかたち、あなたの影、あなたのゆがみ、あなたのずっと大きくなってきた姿。



木はしばらく思いをめぐらしてからいいました。

私はあなたについて、私自身に置きかえてみた。
私はあなたのほかに、みることのできる景色がない。
そして、あなたに触れることもできない。
あなたは目の前で、ただただ美しいばかりだ。
しかし、それを苦しみや触れたいと感じたことはなかった。
なぜかあなたにそう言われると、欲望が音もなく歩いてきて、私を苦しめる。

太陽だけがあたたかかった。
鳥たちには食べ物があるが、私には太陽だけだったのだ。

あなたのなかは、ここよりも暗くて、温度も低いようだけれど、
とてもこの砂浜のうえの世界とは違っているようだ。
生まれたときから、こうだったのだ。
わたしたちは、一体全体、このようなものなのだ。
あなたのように、たくさんのものを見ているわけではないのだけれども。

鳥たちは、みな色々な場所のことを私に語りかける。
彼らは、好きなものに触れられる、自分の意志で。
同じ生き物でも私にはできないことだ。
だが、彼らのおかげで、世界の色々なニュースを私は知ることができる。
そして触れてくる手ざわりは、おおむねとてもあたたかい。
私はその感触を静かにいつも、待っている。

ただときどき、私を蹴ったり、切ったり、食べたりするときもある。
そのときは、じっと私は耐える。
それはとても、とても苦しいことだ。



海はいいました。

そうなのね。
わたしも苦しいわ。
触れられるということも、苦しいことがあるのね。
そんなこと、あなたと話さなければわからなかった。
色々なかたちあるものが、なかに入ってくるけれど、そこには何も感情が生まれないの。
どう彼らが私に接したところど、私自身が傷つくわけではないのよ。
それはすぐになかに入ってしまって、すぐに見えなくなってしまうの。
すぐにじぶん自身になってしまうの。

そうすると、いつも触っているこの静かな何も言わない白い砂たちも、痛みを感じているのかもしれない。
私があなたを触ったら、あなたはとても苦しいのかもしれない。



砂は何も言いませんでした。
木も何も言いませんでした。
砂と木は、どういったものかと、お互いを見つめておりました。
というのも、そんなことを考えたこともなかったので、答えに困ったのでした。



耐えかねて、海がふたたび言いました。

ごめんなさい。
私がいけなかった。
触れたいなんて、口に出すべきじゃなかった。
遠くにこのままいることで、何も困ることなんてない。
やっぱりどこかの誰かが、こんな風に私とあなたを決定づけた。
でも、傷つけようと思ったわけじゃない。
それは本当なの。
あなたがとても美しかったから、私はあなたとひとつになりたかった。
私は、私の気持ちを、どうしても見過ごすことができなかったの。

優しさや強さやそういったものを、目の前にいるあなたに感じる。
人間のつくった街や、ほかの生き物たちや、たくさんの岬や、氷山や、
そういったものより、世界にある私のみてきたもののなかでひときわ、
あなたは、静かに、穏やかに、そこに立っている。

だから一瞬でもいいから触りたかった。
少しでもいいから、ひとつになりたかった。
それは永遠とほとんど一緒のことなの。
私、もうこんなことは二度と言わないわ。
もうあなたを傷つけるようなことはしない。
だからせめて、いつまでも近くにいさせてほしい。



木はようやく海に、こう言いました。

地球が生まれてからこのかた、あらゆるものをみてきたあなたに、
そんな風に言われるなんて、身にあまることだ。
近づいてくるあなたは透き通っているし、私は水が大好きだ。
そしてあなたは、この陽のひかりがまっすぐ線をえがく世界とは、別の世界をもっている。
私はそういう場所を全く知らないから、住んでみたいし、その話を聞いてみたい。

ただ私には死が迫っているのだ。
永遠にここに立っているわけではないのだ。
海よ。生まれる前からいままで変わることなく鮮やかな海よ。
あなたも私にとって、そういう意味ではあこがれなのだ。
この恐怖があなたにはわかるだろうか。

さっき私が黙っていたのは、あなたの手触りを想像できなかったからだ。
雨は綺麗にわたしを洗い流してくれる。
それに比べて、あなたの力はとても強そうだ。

あなたがひとつになりたいのならば、私はこの体を差し出すまでだ。
いままでこの地にいるだけだったのだし、もうすぐいなくなる存在なのだから。



そう言うと、木は海のほうに枝をおろしました。
本当に腕を下ろすように、いままで上に向いていた枝を下のほうにむけたのでした。
自分でもそんなことができるとは思わず、木も心底おどろきました。
すると、水面は突然ぐっと下がり、海は逃げてしまいました。






木は言いました。

どうしてあなたは逃げるのです?
私は誰かに求められたことがなかったから、嬉しかったのです。
太陽は求めても、遠くにありすぎる存在だったのです。



海は言いました。

やめてください。
あなたの美しいかたちが台無しです。
もとのかたちに戻ってください。
あなたの太陽にむかうかたち、それがいちばん美しいのだから。
永遠にその姿でいてください。






木は言われたとおり、元のかたちにもどりました。
いったん下がった水面は、だんだんと、もとに戻りました。






そのあと、小さな波が遠くのほうからやって来たのでした。
その波は普段の生まれては消える波とちがい、綺麗な波のかたちをたもったまま、近づいてきました。
まるでそれは、水平線そのものが盛り上がったように見え、どんどん大きくなっていくのでした。

小さな波は、速度を落とすことなく砂浜をのぼり、木の根本を洗い流していきました。
木は少し傾いて、ぐらぐらと揺れました。鳥たちはすでにいませんでした。
波が引いていくとき、根本の砂はえぐりとられ、根を上向きにされ、木は海へ流されていきました。

葉と枝は海底のほうを向き、水面が地面になったようになって、木はさかさまになりました。
魚たちが、水面にできた影に群がりました。
太陽が海底をやわらかく照らしていました。
もっと沖へ出ると、下のほうでは群青から闇に色が変わり、もはや底がどこかわかりませんでした。





木は言いました。
「あなたの波のかたちは力強く、とてもきれいだった。」

海は何も言いませんでした。
もはや木の姿さえみえず、声もきこえなかったのです。

海のなかの景色には言葉にならない、青く暗い世界でした。
水は冷たく、枝葉に、幹に、しみこんでいきました。
自分のかたちがなくなっていくのがはっきりとわかりました。
太陽の光の線が、ところどころにくっきりと見えました。






木は満足でした。
そして、海は何も言いませんでした。

スポンサーサイト

2013.04.03(Wed) - 詩と作文 2013


あるはずのない羽

1 羽の生えた少年

あるところに、男の子がいました。
ある日男の子は、自分の背中に羽が生えていることをみつけました。
夜、お風呂に入って、背中に手をまわしたとき、ふさふさと、その感触があったのでした。

2 ブランコに乗った、人間の少女

少年は外に出ました。
太陽は強く燃え、ひまわりがたくさん、道端に咲いていました。
人間の少女が、ブランコに乗っていました。
「ねぇ、ぼく、今日、背中に羽があるのをみつけたんだ。」
「え、羽?」
「うん、ほら。」
少女はブランコにのったまま、少年の背中をじっとみていました。
「ほんとうね。私、そういうの、お話のなかのことだけかと思っていたけれど。」
「天使?」
「そう。あなたの羽って、こういっては失礼かもしれないけれど、とても小さいわね。飛べるの?」
「ううん。飛べない。」
耳が動かせないみたいに、力をいれても、びくともしないのでした。
少年はしばらく、少女のきれいに編まれた髪をみつめていました。
ブランコはもう止まっていました。
砂場には、壊された砂山がそのままになっていました。
はじめて少年は、少女と話したのでした。

3 アメとムチを持った草原のような女

「こっちよ」
人間の少女に手をひかれて、少年は川原にやってきました。
そこにひとつの、大きな、長細い、真っ黒の壷がありました。
「こんにちは。」少女は言いました。「お仕事中申し訳ありませんが、少しお話しさせていただけませんか?」
「いやよ。あたしはいま、羊とヘビの数を数えるのに忙しいの。」
「ぼく、背中に羽がはえてしまったんです。」
少年が言うと、壷のなかから、左手に渦をまいたアメ、左手に赤い柄のついたムチをもった女が現れました。
顔をみるとお母さんくらいの年齢の気がしましたが、髪が異常に長くまるで草原のように生き生きとして、
そのなかにシマウマやらヌーやらの動物が住んでいてもおかしくないように思われました。

4 足ののびる羊

「おかしいわね。」
雨上がりの草原のようなさわやかな声は、女の見た目とは不一致でした。
舌を恥ずかしがりもせず出して、アメを思い切りなめました。
すると、緑色の髪のうえを、ちいさなちいさな豆粒ほどの大きさの、銀色の毛の生えた羊が走ってきました。
そして、壷の縁におりたちました。
「外に行く支度をするのよ。」
その声は、本当にやさしく響き、少年はうっとりとした気持ちになりました。
この人は羊の鼓膜の弱さを気遣っているんだ、と思いました。
羊がそれぞれ色の違う靴をはき終えて、目で合図をおくると、女はムチで自分の体をうちつけました。
すると、あたりは長い髪につつまれて、川原の風景は消えてしまいました。
そして、一面に草原が広がり、少年と人間の少女と、普通の大きさになった羊がいました。
「ぼくは足がながいんだゾ。」
羊が突然そういいました。
今度は、七色に光る足がぐんぐん空高くのびていって、羊の体は二人のはるか頭上にあるのでした。
それはまるで、空に雲が飛んでいるようでした。

5 しっぽに人間を巻くヘビ

「足が長くなると、なにかいいことがあるのかしら?」
少女がきくと、羊はこう答えました。「いいことってナニ?」
そう言って、足をすぐさましまってしまいました。
女の子の足が長ければいいけれど、羊の足が長くてもあまり嬉しくないな、と少年も思いました。
草原は風が吹くと、芝がさらさらと音をたてて、空にはうっすらと雲が、ゆっくりと流れていました。
まわりには建物はなにもなく、遠くに山がなだらかに見えるだけでした。
横になり、空だけを眺めていると、こころのなかに何もなくなり、背中の羽のことも忘れて目を閉じました。
「助けて!」
そのときでした。
ヘビがあらわれて、少女をしっぽに巻いてこちらをにらみつけていました。
「ぼくは足がながいんだゾ。」
羊がそういって足をのばすと、ヘビは目をまるくして少女を乱暴に振りまわしながら、遠くへ逃げていきました。

6 矢の先が丸まっている狩人

少年と足をもとに戻した羊は、声のするほうに向かって、少女とヘビを追いかけました。
すると、一軒の家のまえに、弓をつがえた狩人がいました。
あたりには、先が丸まっており何にもつきささらないであろう矢が、たくさん散らばっていました。
「ヘビを狙ったんだ。あいつらのしっぽは、捕まえたが最後、離さない。殺すしかないんだ。」
家のわきには、丸い円が重ねて描いてある的があって、そこに矢がいくつか突き刺さっていました。
少年は、落ちていた矢を拾い集めて、狩人に手渡しました。
「もう矢の先をとがらすことは、禁止されている。だから的にはしかたなく、接着液を塗っているんだ。」
狩人は背中をむけてこう続けました。
「でも、狙った獲物をつかまえられなかったら、この矢が飛ぶのはいったい何だっていうんだろう?」

7 眼の林のなかへ

声はある地点から大きくなっていきました。
どうやら確実に、少女がいる場所に近づいているようでした。
三人は眼のたくさんついた木が、一面に生えている林にたどりつきました。
奥に入るのは、いっそう危険に思われました。
なぜなら、木についた眼という眼が、いっせいに三人のほうを向いたからです。
まぶたも、しわもないので、表情というものが欠けており、なんとも不気味なのでした。
「もう帰ってこれねぇかもしれねぇな。」
狩人がいうと、三人は足が止まってしまったのでした。
しばらくすると、少女の声が聞こえなくなりました。
少年の不安はますます高まりました。
風と葉のそよぐ音のほかは、心臓の鼓動する音しか、聞こえませんでした。
三人は顔を見合わせ、覚悟を決めました。

8 眼を失って、鼻と口を持った木

林のなかは、太陽の光が薄くほとんど真っ暗で、下には一面に落ち葉が積もっていました。
それでも狩人が、ヘビの通り道をみつけ、三人はそれをたどりはじめました。
「どんなヘビだって、俺の眼はごまかせないさ」
坂があっては上り、下りを繰り返しました。
どうやら山のようなものはなく、なだらかな起伏が永遠に続いているようでした。
少年は、学校の授業で習った、「樹海」という言葉を思い出しました。
すると、声にくわえて、ガサガサと、何かが震える音がしました。
「羽!羽!羽!切ってしまって、あんな川原に捨てて!私の眼はどこへ?」
みると、大きな老木が下のほうからやってくるのでした。
「誰かが鼻と口と引き替えに、私の大事な眼を全部とってしまったんだ。こっちからたくさんの羽のにおいがするよ。」
そう鼻をひくつかせて、いいました。

9 木に還る少年

ヘビの通り道と、老木の進む方向はほとんど一緒でした。
そこには、ひとつの切り株があり、まわりに羽がついたたくさんの動物が集まっていました。
羽のついた象、羽のついたダチョウ、羽のついたオットセイもいました。
その脇で、少女を見つけました。
少女を巻いたヘビは小さく小さくなって、大きな大きなヘビに、しかられていました。
「こいつは違うではないか!!」
少年はふと、自分に羽が生えていることを思い出したのでした。
「ぼくです。羽が生えているのは。」
大きなヘビは、いや、その他の動物もみんな、少年のほうを向きました。
「自らやってくるとは・・おかしいな。まあいい、確かめるまでもなかろう。それでは、誰が木への帰還者になるべきか、投票しよう!!」
切り株のうえに、ボルトでしめられた鋼鉄製の箱がおかれ、そこに、少年以外の全員が票を入れました。
「人間の少年。六十九票!」
大きく、さらに大きくなったヘビが高らかに舌を出していいました。
「満場一致で、人間の少年を、木に還すものとする!!」

「そんなのおかしいわ。わたしたちは投票してないわ。」
少女がいいました。
「何票かあなたたちが入れたところで、結果は同じだ。」
大きなヘビが理性的な眼を向けていいました。
木に還るとはどういうことなのだか、なぜ投票するのか、そして、みんな自分に票を入れた理由、そもそもなぜ羽なんてついてしまったのか、自分もほかの動物も含めて、少年はさっぱりわかりませんでした。
「人間たちだ。すべて、木を切るのも。木に封じ込めるのも。わたしたちだって、こんなこと、本来はしないで、ひそやかに必要なことだけをやっていたいんだ。羽の抽出、羽の開発、羽の適応。羽は人間たちのあこがれであり、有能な道具だった。だが、それを全員がもつようになったらどのようなことになる?普通の世界は失われた。私たちヘビは、羽をもつことをしなかった唯一の種族だった。そして人間たちは、わたしたちに、羽の封印のいっさいを委託したんだ。そうしてつくられたのが、この眼のついた木さ。」
老木が遠くで鼻をすすっている音が聞こえました。
どうやら、人間たちのおかした罪を、人間たちが報いるのは当たり前だ、ということのようでした。
少年は、母や父、姉のことを思いました。
たしかに家を出るとき、何かひとこといってくるべきではあったのでした。
しかし、同時に、ヘビのいうことが本当なら、自分が解決するのは当然だ、という気もするのでした。
「それでも、こうやって木を切る輩がいる。だから、あるはずのない羽が、やたらめったらと、昔のように体にとりつくんだ。全くもって制御不能になるのだ。」

少年は切り株のうえに立ちました。
みんなそれを黙ってみておりました。
すると、頭のうえから、小さなきしむ音をたてて、枝が生えてきました。
足にはいていた靴も、次第に切り株と同化していきました。
だんだんと動物たちの体から、羽が消えていきました。
そして、ゆっくりと歩いて、どこかへいってしまいました。
後には、まわりの林と区別がなくなってしまった一本の木と、人間の少女、足ののびる羊だけがのこっていました。
鼻と口をもった木は、ヘビたちが背中にしょって、どこかへもっていってしまいました。
狩人もいつのまにかいなくなっていました。
少年の還った木についた眼は、そっとまばたきを始め、少女のいたるところをみていました。

少女は気持ち悪くなりました。
「ぼくは足がのびるんだゾ」
少女が羊にまたがると、足は高く高くのびて、空と雲のなかに入りました。
気がつくと、川原の壷のまえに、少女は立っていました。
くらくらと目眩がしましたが、太陽が次第に体ををあたためて、生気が戻ってくるのを感じました。
少年はもういませんでした。
「狩人はちゃんと家にかえったかしら。」
少女がはじめに思ったことといえばそのことでしたし、壷のなかに首を入れてみても、なかに光はありませんでした。
矢も、的も、長くのびる足も、自分をつかまえたしっぽも、そして羽も、そこにあったはずなのでした。
また少女は、ひとり、木にぶらさげられたブランコのところまで、戻りました。
砂山は、誰かによって、なめらかに整えられていました。


2013.01.24(Thu) - 詩と作文 2013





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。