Recently
Archive
Category
Link
Profile


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--) - スポンサー広告


切て貼れ


1022

写真美術館へ。所蔵品の中から、よせあつめられた肖像画群が展示されていて、その中にいくつかいいものがあって、階上の附属図書館へいって、気に入った作家たちの写真集をみたが、それらはあまり心に響かなかった。どうやら一枚一枚見ていったほうが面白いようだと思った。

葉巻をとられたチャーチルがおもちゃをとられた子供のような無邪気さをかいまみせている、その背後にすっくとたったヘミングウェイは文庫本のカバーの作家紹介の口絵と全く同じ目つきで風貌で、無名のヒロシマの女の子を左前ににらみ彼女の白くなってしまった眼は見えない空を見上げ、その隙をねらって次のコーナーの影からいたずらをしかけようと悪さをしようとたくらんでいた2人のヤンキーのうち一人は不審をとがめたニューヨーク市警にこの男は本当にぶちぎれているのだという形相で銃口を向けてもう一人はそれをなだめようとしていて、その2ブロック先では観光に訪れた一昔前によく見たような日本人の群がプールサイドの木陰にところせましと陣取っている、つきあたりの路地を入って街区の中心部に面する4階の部屋ではかわいらしい音を立てて切られているピーマンの横でもうひとつのピーマンが最期の輝きを暖色照明によって放っていて、食事用のテーブルの上には果物がつつまれていた新聞紙をメイドが時間つぶしに丸めてひねてつくったモディリアーニのように細身の人形が玉遊びをしている。

ビアホールへ行き恵比寿さんを頼んでソーセージを食べたあと、駅前の薄暗い店でカンパリブラッドオレンジとポテトのポン酢和えを食し話し、3つ先の駅の玉転がし場へ向かいそこでカーブをかけるコツをつかめないまま低調な争いが終わったら、向かいの書店でぐうぜん自分の誕生日の本がぴたりとおいてある偶然に出会い、その道のつきあたりの路地を入ったコーヒーショップで話し、店外を歩き、2人は別れた後そのうち一人は階段を登って家に帰り、もう一人は列車の2駅先から50分歩いて家に帰り、寝ておきて歯を磨いくと机の上には誰が作ったのかおいしそうな朝食がのっていて、40分ほどで到着した映画館ではイチョウの間から芽をだした桜の根本で2人がかなわぬ恋をうれいていて一人は紀州家に嫁ぎもう一人はもののけ姫のように山に帰った。

スポンサーサイト

2010.10.24(Sun) - 日本日記


091025

研究室でフエというベトナムの都市を研究している。

その周りの川に沿って、いくつかの村がある。
それらをグーグルマップから観てみると、
簡単な原理がみつかって、それが蛇行した水際に適応している
と説明することができそうだ。
そういうことを明日発表しようと思っている。
いったい何に驚嘆しているのだろう?

コンぺ用にこれから
敷地模型をつくる。
200分の1でスタディー用である。

久しぶりに模型材料屋にいったら、少し模様替えしていた。
それからバスにのって学校までいった。
ポルトガルではよくバスにのって学校までいったもんだ。
なんだか似たような感覚に襲われた。
でもリスボンのバスはもっとゆれるし、混んでいるし、静かだ。


2009.10.25(Sun) - 日本日記


1022

アルバイトをはじめた。
けどアルバイトの内容はもらしちゃいけないんだって。

守秘義務!
そんなに警戒する必要も無いと思うんだけど・・・
だから内容以外のことを・・・
(といっても何があったっけ・・・)

そうね
始める前は
体調がよくなるかとおもったけど、
(あこがれの規則正しい生活!)

体重は変わらず
のんびりする時間が減りました。

やっぱりゆっくりする時間がほしいなあ

というより時間がなくても
よっぽど気をはっていないと、だらだらしてしまう。

テレビみて、ブログ観て、メール見て・・・
だらだらするのーやっぱいいなー
とか改めて思ったりするから不思議。

アルバイトの場所は永田町というところにあるのだけれど、
赤坂というところにも近くて、
アルバイトの人たちや会社の人と一緒にご飯を食べに行きます。

ランチはどこの店も1000円ぐらい(ちょっと高いな~)
でもうまい~まずい店がない!

どこのお店も混んでいるわけでもなく、すいているわけでもない、
適度な人口密度で、快適です。
こんなとこでだらだらしたいなぁ~と思っていたら
すぐに会社に戻って仕事・・・
(もうちょっとゆっくりしましょうよ~)

ひとときのオアシスってやつなのですかな・・・
2時~3時にかけてちょっと遅めの赤坂ランチにくりだしてみるのも一興かと思います。



永田町といえば、国会議員のイメージ!
黒塗りの車が並んでいたり。
自由民主党のビルがあったり。
やっぱりちがうなー

でも駅のまわりはすごく殺風景。
大きな道のまわりに2つのコンビニとマック、とエクセルシオール。
(これがあの政治劇場の駅の周辺なの??)

みなさん車移動なんでしょうねー
うらやましい・・・

ともあれ僕はバイトいく前にかならずエクセルシオールでアイスコーヒーを飲みます。
ここのエクセルシオールは店内が結構暗くて
特に喫煙スペースでは
部屋の真ん中の大きなテーブルにスポットライトがあたっております。

そこに座って一服しながら
本を読んでいると、いいです。
家なんかよりよっぽど落ち着けるかもしれません。

この大きなテーブルには格子状に目地が入っていて、
平面が6つに分けられています。
それに天板の小口が斜めに切られています。
そして中心にライトがとりつけてあって、その下に植物がそだっています。

おきにいりのテーブルがあるカフェが意外にもエクセルシオールだったのは
ちょっとがっかりだったけど、まあ
もうちょっとかよってみようと思っています。


2009.10.23(Fri) - 日本日記


1015

本日学校の授業漬け

千葉学の設計学講義。
詳細なスタディ過程の紹介から、プログラムの様子に大変気を使っていることがわかった。
細かい生活環境を気にする事は大事。それを素直にスタディしているように見えたが実際はどうなんだろう?
直線的で小屋のような自身の建築ボキャブラリーと、アメリカのアートシーンや彫刻などを重ねて語っていた。
「site determined」の紹介。

駒場。8年通った町にまたくることになるとは。
ドクター村松の都市とは何ぞや会議に出席。
本郷とは空気が違う。
弁のたつ人が多い気がする。
説得力をもったひとは少ない気がするけど、研究や論議にかける情熱に畏敬の念を持つ。

本日は、「都市とは何か」「都市を歴史的にみる意味とは」の二つに論点があったと思う。
以下僕なりの答
前者は、「定義できない。言葉で示したとたん、意味が狭まってしまう。」あるいは「定義次第。生の豊かさ、価値観が生まれる場所、想像力の結晶などから、石の建物がたっているところ、などまで。」あるいは「何かしらの目的を持つ人々が集まっているところ。正しいもの、いいものを求める情熱が異常に高いところ。」
後者は、「過去に対する認識の正しさを、暫定的にさししめすこと。この正しさは確かに作られた人形だが、都市に住む人々の目的になったり(夢とか言われるもの)、人をもっと都市を好きにさせる。」

その後は本を読んで音楽を聴いて何もしない。


2009.10.15(Thu) - 日本日記


1013

事務所バイト。が終わり、
駒込行き南北線で永田町から四谷に出て各駅停車の中央線で中野まで行く。
終電を目指して永田町にある長いエスカレーターを駆け上がる。
帰宅後、ワインをのみ、音楽を聞いて、寝る。

帰りのくらい道で腹を見せた猫に舌をだした
あたたかい日中のようななまけ顔をしていた
小説の中の老人たち、その思いやりを感じながら
夢の中へ


2009.10.13(Tue) - 日本日記





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。